2010年01月23日

<フェリー座礁>自粛の紀南漁協 24日にも再開へ(毎日新聞)

 三重県の熊野灘で横転、座礁しているフェリー「ありあけ」(7910トン)の影響で漁を全面的に自粛している紀南漁協(同県紀宝町)は、24日にも漁と市場を再開することを決めた。22日に県などと協議し、熊野漁協(同県熊野市)と合同で安全宣言を出す方針。

 紀南漁協の佐田美知夫組合長が16日、明らかにした。佐田組合長によると、県が12月中旬に現場海域の魚介類を検査し、安全性を確認。漁協なども大阪府の検査会社に安全確認を依頼、22日までに結果が出るという。佐田組合長は「関係者に魚介類の試食もしてもらいたい」と話した。熊野漁協の漁再開は未定。

 漁協側とマルエーフェリー(鹿児島県)は1月14日、船体を4分割撤去することなどで合意。完了は4月末の予定で、漁の休業損害は同社が全額負担する。【汐崎信之】

【関連ニュース】
フェリー座礁:2漁協 船体撤去と漁業補償案受け入れる
国交省:固定マニュアル作成など行政指導 フェリー座礁で
商船三井:次世代型フェリーの建造構想 CO2排出量半減
フェリー事故:現場で解体し撤去へ 三重県庁で社長説明
三重フェリー座礁:プラスチック粒漂着、野鳥誤飲の恐れ

「25%減」に理解求める=温室ガス、日商会頭に−小沢環境相(時事通信)
消防士長が部下殴る 東京消防庁、停職6カ月 「指示に従わず」(産経新聞)
<広島女児殺害>4月8日に初公判 ヤギ被告差し戻し審(毎日新聞)
<名鉄名古屋本線>踏切で高齢男女はねられ死傷(毎日新聞)
<衆院代表質問>首相らの疑惑、論戦スタート(毎日新聞)
posted by wwkdnjta8g at 13:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。