2010年05月29日

<普天間問題>辺野古へ移設、閣議決定…福島消費者相を罷免(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は28日夜の臨時閣議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関する政府の対処方針を閣議決定した。政府方針は普天間移設先として、キャンプ・シュワブ(同県名護市)の「辺野古崎地区及び隣接する水域」と明記。社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は閣議での署名に応じず、首相は福島氏を罷免した。後任は平野博文官房長官が兼務する。社民党は連立からの離脱も辞さない構えを示しており、政権発足から8カ月、普天間問題で迷走を重ねた鳩山政権は、最大の正念場を迎えた。【西田進一郎、横田愛】

 ◇社民、連立離脱も辞さず

 「署名しません」

 28日午後6時すぎ、首相官邸。与党3党の党首級でつくる基本政策閣僚委員会の席上、福島氏は首相に対し「辺野古が明記されている案には賛成できない」と述べ、閣議での署名を拒否する方針を伝えた。

 首相は「福島さんが賛成しないのは残念だ。この会議が終わった後、2人で話をしたい」と語りかけ、委員会終了後、2人きりで会談し翻意を促した。首相は「辞任ではどうか」と自発的な辞職を求めたが、福島氏は「私は間違ったことはしていない」と拒否。さらに、鳩山首相が「これからも連立に協力を願いたい」と連立維持を求めたが「そう簡単ではないかもしれない」と述べるにとどめた。この後開かれた臨時閣議に、福島氏は姿を見せなかった。

 首相官邸側は28日、福島氏の罷免だけは回避しようと、交渉を続けた。平野長官は当初、政府対処方針の決定方法を閣僚の署名のいらない「首相発言」とする案を検討。しかし、「月末決着」の印象が薄れることを懸念する首相は、閣議決定の形式を選んだ。

 これに先立ち、日米両政府は普天間移設問題に関する外務、防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)の共同声明を発表、移設先を「辺野古崎地区及び隣接する水域」と明記。沿岸部に1800メートルの滑走路を持つ代替施設を建設するほか、米軍訓練の移設先として、鹿児島県・徳之島を例示し、グアムなど国外への移転も記した。

 首相はこれまで、5月末決着の条件として、米国、与党、地元自治体の合意が必要との認識を繰り返してきた。しかし、党首の首を切った今回の決着は県内移設に反対する沖縄県に加え、与党合意もない不完全なものとなった。

 鳩山首相も福島氏も降りない「チキンレース」の結果、社民党内には「連立離脱もやむなし」の空気が色濃く漂う。阿部知子政審会長は28日の両院議員懇談会後、記者団に「(連立を)維持できない場合も十分ある」と発言。同党は「連立のあり方について重大な決定をせざるを得ない」とする「抗議声明」を発表した。30日に常任幹事会と全国幹事長会議を開き、連立離脱について対応を協議する。

 一方、民主党にも「社民党切り」とも言える首相の対応に不満が募っている。閣議での署名拒否は党の機関決定であり、社民党は「福島を切ることは社民党を切ることだ」(党幹部)と反発しており、次期参院選への選挙協力にも影響するのは必至。民主党幹部は「政権はまったく機能していない。週明けから、政局がどうなるかだ」ともらした。

【関連ニュース】
普天間問題:鳩山首相、福島消費者相を罷免
普天間移設:鳩山首相、福島消費者相を罷免へ
普天間移設:8月末までに代替施設の工法など決定
普天間移設:共同声明に野党一斉反発 二枚舌、偽装と批判
普天間移設:「辺野古崎」明記 日米が共同声明発表

<詐欺罪>無賃乗車の男性 障害考慮し逆転無罪…東京高裁(毎日新聞)
<金星探査機>あかつきが地球撮影 25万キロから鮮明画像(毎日新聞)
医師、投与認める供述=不同意堕胎事件―警視庁(時事通信)
高橋洋一の民主党ウォッチ 量的緩和なぜやらない 日銀の「本業」とは何か(J-CASTニュース)
参院選、新党改革を支援=鳩山邦氏(時事通信)
posted by wwkdnjta8g at 04:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

新潟の遺棄事件、胴体に刺し傷4か所(読売新聞)

 新潟県村上市の国道近くの側溝で切断された両足と胴体が見つかった死体遺棄事件で、胴体の刺し傷は脇腹や胸などに計4か所あったことが26日、捜査関係者への取材でわかった。

 村上署捜査本部は、この刺し傷が死亡の原因とみており、殺人事件も視野に26日朝から司法解剖を行い、詳しい死因や身元を調べる。

 捜査関係者によると、胴体の刺し傷はいずれも体の前面にあり、左脇腹に1か所、胸に2か所、首付近に1か所あった。胴体は黄色っぽい布で包まれ、ビニールひもで縛られていた。

民家全焼67歳?死亡 兵庫・姫路(産経新聞)
<訃報>出雲井晶さん83歳=作家、日本画家(毎日新聞)
<口蹄疫>「全頭処分、仕方ない」 宮崎の農家ら覚悟(毎日新聞)
<橋下知事>大阪府庁舎の禁煙エリア拡大へ(毎日新聞)
<普天間>辺野古移設 またアメとムチ、裏切りに沖縄怒り(毎日新聞)
posted by wwkdnjta8g at 09:55| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

赤いバイクで「ちょっとこっちに…」女児に声掛けの不審者情報相次ぐ 品川区 (産経新聞)

 東京都品川区大井の路上で14日、小学生の女児に声をかけるバイクに乗った不審者情報が4件、相次いでいたことが15日、分かった。警視庁大井署は現場近くをパトロールするなど、警戒を強めている。

 同署によると、14日午後2時〜5時30分の間、赤いバイクに乗った男が、それぞれ1人で歩いていた6〜11歳の女児4人に近づき、「ちょっとこっちに来ない?」「道に迷ったから教えて」などと声をかけた。いずれの女児も会話には応じず、男はそのまま走り去ったという。

 現場はJR横須賀線西大井駅の東約1キロの住宅街で、男は直線距離で約500メートルの範囲内で声掛けを繰り返していた。現場近くには複数の小学校がある。

 同署によると、女児らは男の特徴について、30歳くらいで小太り、上下ジャージーのようなものを身につけており、フルフェースのヘルメットを着用していたと説明している。

【関連記事】
遺体から睡眠導入剤検出、同成分の薬押収 大阪袋詰め事件
自宅差し押さえの掛布氏に厳しい判決 借金訴訟で控訴棄却
職員パス乱用でキセル三昧 “脱線”鉄道マン衝撃の手口
美女のパンスト持ち去る奇妙な詐欺 犯行の一部始終を直撃
すぐバレるのになぜ? “ニセ女医”お粗末な手口
少子化を止めろ!

全国一律の対策に批判相次ぐ―新型インフルの「医療体制」を検証(医療介護CBニュース)
淀川女性遺体 養父母宅に睡眠薬 被害者から検出と同成分(毎日新聞)
乱歩賞に横関大さん(時事通信)
小沢氏に国会で説明求める 自民の大島氏(産経新聞)
官房長官、きょう鹿児島入り=徳之島町議と会談へ−普天間(時事通信)
posted by wwkdnjta8g at 14:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。