2010年01月14日

自公、地方参政権付与法案、異なる国会対応へ(産経新聞)

 自民、公明両党の幹事長、政調会長、国対委員長が13日午前、都内のホテルで会談した。政府・民主党が通常国会に提出方針を決めている永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について、自民党の大島理森幹事長は「党内は慎重な方向が多い」と付与法案に反対する意向を表明したのに対し、公明党の井上義久幹事長は「互いの立場が違うのは分かっている」と法案に賛成する方針を示唆。両党は、付与法案では異なる国会対応を取ることを確認した格好だ。

 ただ、鳩山由紀夫首相や小沢一郎民主党幹事長をめぐる「政治とカネ」の問題について、15日に両党合同の勉強会を開くことで一致。18日召集の通常国会冒頭に、政党解散時に、残っった政党交付金を国庫に返納させる政党助成法改正案など法律案4本を国会へ共同提出することも確認した。

【関連記事】
外国人参政権 小沢氏 強力に推進に動く
外国人参政権 外交配慮より主権の問題
「参政権は民団への公約」赤松農水相が公言 選挙で支援認める
【外国人参政権】民団新年会でのあいさつ要旨(下)中井国家公安委員長「今国会で成立をさせたい」
【外国人参政権】民団新年会でのあいさつ要旨(上)民主・山岡氏「全力で取り組む」

ブログ懸賞生活
おさむのブログ
うっかり新聞記者
酒は飲んでもはくな
もうすぐ1年看護師奮闘記
posted by wwkdnjta8g at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<踏切事故>特急が軽乗用車と衝突 男性1人死亡 青森(毎日新聞)

 10日午前10時15分ごろ、青森市浪岡徳才子のJR奥羽線浪岡−大釈迦間の大杉踏切(警報機、遮断機付き)で、青森発秋田行き特急「かもしか2号」(3両、乗客145人)が同市浪館前田1、安田啓一さん(58)の軽乗用車と衝突した。安田さんは車外に投げ出されて死亡した。特急の乗客にけがはなかった。

 青森南署やJR東日本青森支店によると、遮断機などに異常はなく、特急の運転士が踏切内の車に気付いて急ブレーキをかけたが間に合わず、車を約10メートルはね飛ばした。

 当時、青森市など津軽地方には大雪警報が出ており、現場は雪が激しく降っていた。

 事故で特急列車が約1時間10分遅れ、2本が運休するなど約550人に影響が出た。【矢澤秀範、三股智子】

【関連ニュース】
踏切事故:快速電車に車衝突 女性死亡 奈良
鉄道事故:奈良・桜井で踏切事故 3万5000人に影響−−近鉄大阪線 /三重
大和の踏切事故:死亡した男性の情報提供を−−大和署 /神奈川
こうち2009:/上 佐川・電動車いす踏切事故 /高知
異常時総合訓練:踏切事故想定 京成電鉄、酒々井の車両基地で /千葉

とある秘書のブログ
悩む農家のぶろぐ
モバイル ホームページ
ショッピング枠現金化
2ショットチャット
posted by wwkdnjta8g at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。